Atome、親会社アドバンス・インテリジェンス・グループから3,100万ドルを調達

Image Credits:Atome

Atome、親会社アドバンス・インテリジェンス・グループから3,100万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2024.01.05

Atomeは、Alternatives.peによると、親会社のAdvance Intelligence Groupから3,100万ドルの資金調達を確保した。

シンガポールに本拠を置くこのフィンテック企業は、東南アジアと大中華圏で事業を展開し、顧客に請求書を3等分して0%の利子で支払うオプションを提供している。

これまでにAtomeは累計1億7000万ドル以上の資金調達を行っている。その中には、2022年にAdvance Intelligence Groupが2回にわたって同社に注入した7,000万ドルも含まれている。

最新の資金調達は、少し前にHSBCシンガポールからの1億ドルの債務施設の更新の直後に行われた。これはAtomeがフィリピンでの拡大を支援するためである。2023年初めには、同社はマレーシアでTikTok Shopと統合し、消費者が購入代金を3ヶ月または6ヶ月に分割して支払うことができるようにした。

しかし、Atomeは最近、インドネシアでの人員削減やベトナムからの撤退などの縮小策を取っている。

同社は2021年に1億9260万ドルの売上高を上げたが、2020年から倍増した。ただし、2022年と2023年の数字についてはあまり情報がない。
2021年の売上高の大部分は、Atomeが2020年に買収したインドネシアのピアツーピアレンダーであるKredit Pintarに関連している。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら