Atomic Industries、米国の産業基盤のエクサスケール化に向けて1700万ドルのシード資金を調達

Image Credits:Atomic Industries

Atomic Industries、米国の産業基盤のエクサスケール化に向けて1700万ドルのシード資金を調達

uniqorns編集チーム 2023.12.04

Atomic Industriesがシードラウンドで1,700万ドルを調達した。この資金で、同社はアメリカの産業基盤をエクサスケール化することを目指す。

四年前に設立されたAtomicは、ツールとダイの自動化を試みている。ツールとダイの製造は、紙クリップから航空機部品まで、多岐にわたる消費者および産業製品の製造において重要なステップである。このプロジェクトは非常に野心的であり、一部の射出成形金型は非常に複雑であり、ツールとダイの製造者はまるで錬金術師のように鉛を金に変える役割を果たしている。さらに、各製品はユニークであり、何千年もの進化の中で人間が完璧に習得した汎用的な知性が必要である。

しかし、ツールとダイの製造は顧客の製品のジオメトリに厳密に制約されている。この点において、それは機械主導の物理ベースの問題解決に適した錬金術である。ツールとダイの製造者が数年にわたって経験を積み重ねるように、Atomicは顧客が製造したい製品とその製品を製造するツールの間の翻訳レイヤーのようなAIソフトウェアスタックを設計している。

Atomicは、より優れたものを構築することを目指している。まず、会社は業界標準のシミュレーションツールと徹底的にテストできる単一のダイ設計の領域から始める。さらに、スタートアップは基本的に設計の後半段階で製品を扱っている。製造可能性の設計(DFM)プロセスは基本的に完了している。(究極の目標は、上流に進み、製品デザイナーと直接連携し、彼らの製品デザインに対するほぼリアルタイムのフィードバックを提供することである。)

このソフトウェアは、人間のチームと内部で競争し、工場の床から得られるデータを収集し、ツールを顧客の要求に対して比較する。最終的に、Atomicは問題を一般化できるAIを構築したいと考えている。

投資家たちは、特にハードテックに焦点を当てた投資家や主要自動車メーカーのVC部門は、このような動きに注目している。同社はNaryaをリードとする1,700万ドルのシードラウンドを締結した。このラウンドには、8090 Industries、Acequia Capital New Industrials、Porsche Ventures、Yamaha Motor Ventures、Toyota Ventures、Impatient Venturesが参加し、Phaedrus、SaxeCap、Zack Nathan、Tyler Knight、CWRU Alumni Fundがサポートしている。NaryaのパートナーであるFalon DonohueがAtomicの取締役会に加わりる。

この資金調達は、約18ヶ月前に行われた320万ドルのプリシードラウンドの後に行われた。この追加の資金を使って、Atomicはデトロイトに最新のテストベッド施設を設立し、AI製造能力を拡充す予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら