Bluewhiteがトラクターに後付け可能なロボットを提供するRaaSで3,900万ドルを調達する

Image Credits:Bluewhite

Bluewhiteがトラクターに後付け可能なロボットを提供するRaaSで3,900万ドルを調達する

uniqorns編集チーム 2024.01.23

農業は、テクノロジーによる持続的な変革が常に進行してきた長い歴史を持っている。最新の動向の1つで、イスラエルのスタートアップ企業であるBluewhiteは、農業における独自の貢献を進めるために、3900万ドルの資金を調達した。その貢献とは、任意のトラクターに後付け可能な自律型ロボットで、一度限りの製品ではなく、大規模なサービスプレイ「Robots-as-a-Service」として提供される。

この資金を使って、Bluewhiteは研究開発への投資を続ける予定である。具体的には、サービススタック(「Compass」とブランド化)にさらなるデータ機能を取り入れることや、自律型ハードウェア技術(「Pathfinder」とブランド化)の向上を続けることである。現在、この技術にはハードウェア上のAIとコンピュータビジョンだけでなく、大量のデータを分析するAIベースのアルゴリズムも使用されており、これにより顧客にダッシュボードと洞察を提供し、作物の状況をより良く理解することができる。

Bluewhiteは、この資金を現在の市場での拡大と新しい市場への進出にも使用する。Bluewhiteのトラクターロボットは、アメリカで最も強い支持を得ており、特にカリフォルニアとワシントン州に重点を置いている。顧客は、小規模な家族経営の農場から国内で最も大きな「常設」(年間を通じて)の作物栽培業者までさまざまである。累計で、ロボットは15万エーカーにわたる5万時間の自律型農業活動をカバーしている。

このシリーズCラウンドの資金調達は、ポストマネーバリュエーションが2億ドルから3億ドルの間で行われており、2021年の前回調達時の1億3000万ドルの評価額に比べてかなりの上昇である。ラウンドをリードするのはInsight Partnersで、新たなバッカーとしてAlumni VenturesとLIP Ventures、そして以前のバッカーであるEntrée Capital、Jesselson、Peregrine Venturesも参加しています。また、いくつかの非公開の投資家も参加している。

Bluewhiteは、効率を向上させ、労働力、気候変動、より低い価格での食品需要など、現代の課題に対応するために、農業技術の進歩をより積極的に追求しているスタートアップや大型農業機器企業の一翼を担っている。同じ領域には、Farm-ng、Growmark、Aigen、Monarch、Iron Oxなどがあり、独自の農業ロボットを開発している。また、AlphabetのビジネスであるMineral.aiは、(いわゆる)フィールドから得られるデータサイエンスにより、より多くのデータを分析することに重点を置いているようである。

しかし、トラクター単体でも非常に強力な展望がある。Bluewhiteは、研究者からの予測によれば、2030年までに自律型トラクターの市場価値が115億ドルになるとしている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら