Chptr、故人の思い出を集め共有するためのアプリ、150万ドルを調達

Image Credits: Chptr

Chptr、故人の思い出を集め共有するためのアプリ、150万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.11.09

Chptrは、故人の思い出を共有し保持するためのアプリで、シードラウンドで150万ドルを調達した。このアプリは、他の人々を招待して、ストーリー、画像、音声メッセージ、ビデオなどを一つの場所に共有・保存することで、愛する人の人生を綴る手段を提供するよう設計されている。

このスタートアップは2020年にRehan Choudhryによって設立された。彼は、CBSニューヨークのニュースキャスターである妻が、ニューヨーク市で最初のCOVID-19の犠牲者のためにビデオトリビュートをまとめるのを手伝っていたときに、このアプリのアイデアを思いついた。

このアプリを使用すると、故人の友人や家族と繋がりを保ちながら、その人の生活について知らなかったことを学ぶことができる。故人に関する思い出やストーリーを収集・保存することができ、アプリ内で思い出について思い出した時には、その場でストーリーを録音することもできる。

Chptrは、単に追悼を作成して終わるのではなく、その人を愛した他の人々と一緒にその人の人生について話し続け、大切にすることを望んでいる。
このアプリには、約4,000人のユーザーが900の記念碑を持っており、月々20%の成長を遂げている。Chptrには、1週間前から25年前までの人々の記念碑があり、最近亡くなった人だけでなく、あらゆる時期の人々の追悼に利用されている。

従来の訃報や葬儀では、故人の直系の家族や親友が主に思い出を共有することが多いが、Chptrは、故人と良い思い出がある人々がそれを他の人々と共有できる機会を提供したいと考えている。

Chptrは、B2Cの製品だけでなく、B2Bにも注力している。このスタートアップは、ニュース機関、テレビネットワーク、非営利団体、医療センターなどの追悼活動をサポートしたいと考えている。人々の人生の思い出を見つけ、収集することは費用と時間がかかる場合があるが、Chptrは直接、ユーザーの承認を得て、故人の思い出のコレクションを提供することができる。

現在、Chptrはさまざまな組織と話し合っており、ユーザーの承認を得て、追悼を共有するためにChptrを利用できるようにする予定である。

新しい資金調達については、Chptrはすべての資金を製品開発とマーケティングに充てる予定である。シードラウンドはGrit Capital Partnersをリードし、Singularity Capital、Lolita TaubのGanas Ventures、Tubbs Ventures、Gaingels、Lucas Venture Group、Accel Starterなどが参加した。このシードラウンドは、Chptrが2022年夏に240万ドルのプリシード資金調達を終えた後のものである。

将来については、Chptrは、人生のストーリーのための最大の中央データベースと学習リソースを構築しながら、人々とその物語が永遠に残る手助けをしたいと考えている。
Chptrは、iOSとAndroidの両方で利用可能である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら