CoPilot、リモートフィットネスコーチとユーザーをマッチングするトレーニングアプリが650万ドルを調達

image credit:CoPilot

CoPilot、リモートフィットネスコーチとユーザーをマッチングするトレーニングアプリが650万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.10.04

CoPilot(コパイロット)は、リモートフィットネスコーチとユーザーをマッチングするデジタルトレーニングアプリで、Jackson Square VenturesをリードとしたシリーズA-1ラウンドで650万ドルを調達した。

このアプリは、プラットフォーム上で150万以上のワークアウトが完了しており、ユーザーはカスタムフィットネスプランを受けるために接続するコーチとマッチングする。同社のアイデアは、ユーザーが対面のフィットネストレーナーの価格の一部でパーソナルコーチにアクセスできるようにすることである。

このピッツバーグに拠点を置くスタートアップは、CEOのマット・スペテルとCTOのガブリエル・マドンナによって2019年に設立された。スペテルは、フィットネスへの個人的な旅がCoPilotの誕生に組み込まれている語った。彼は高校時代にフィットネスに取り組み始め、親友で共同創業者のマドンナが彼にトレーニングを始めるように勧めたと言う。スペテルは、自身のフィットネスの旅を経て、自分の体をケアすることに夢中になったと述べている。その後、スペテルがカーネギーメロン大学で学んでいた間に、マドンナがMITにいた間に、2人はフィットネスの分野でアイデアを試行錯誤し始めた。

最初のアイデアは、現在とはかなり異なっていた。当初、彼らはワークアウトを最適化するためのウェアラブルデバイスやハードウェアデバイスの開発を始めた。

CoPilotはAndroidとiOSの両方で利用可能で、サービスの費用は月額99ドル。

このサービスを利用するには、ユーザーは運動のバックグラウンド、個性、動機づけ、コーチに対する特化分野の好みなどに関する一連の質問に答える必要がある。その後、CoPilotの55人のコーチのうちの1人とマッチングされる。その後、あなたはコーチとの45分の通話をスケジュールして、目標と持っている異なる種類の機器について話す。スペテルは、特別な機器を持っていなくても問題ないと指摘し、コーチがカスタムフィットネスプランを提供できると述べている。

コーチは、目標達成をサポートするための詳細なフィットネスプランを作成する。その後、ユーザーは非同期でワークアウトを開始する。最初の通話後は、主にチャットを通じてコーチとコミュニケーションをするが、必要に応じてチェックイン通話もスケジュールできる。コーチはユーザーのワークアウトを見ているわけではない。代わりに、アプリがユーザーをワークアウトの手順に案内する。

新たな資金調達については、スタートアップはチームの拡大に使用する予定である。CoPilotは、エンジニアリング、デザイン、マーケティングチームに才能を迎え入れることを目指している。会社はまた、CoPilotと正社員として雇用されているコーチをさらに採用する予定である。さらに、CoPilotは成長エンジンを構築し、システム化する計画だ。

将来については、CoPilotは自社のコーチング体験を再現するテクノロジーに投資し続ける予定である。たとえば、CoPilotは、ワークアウト中の人々の形態の微妙な違いをより詳細に検出し、その回数をカウントする能力を持つようになりたいと考えている。同社はまた、筋力トレーニングやエクササイズに加えて、栄養、理学療法、メンタルヘルスなど、健康とウェルネスに関連するさまざまなトピックにも対応する予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら