Correcto、「スペイン語版Grammarly」の開発のため700万ドルを獲得

Image Credits:Correcto

Correcto、「スペイン語版Grammarly」の開発のため700万ドルを獲得

uniqorns編集チーム 2023.09.25

Madridに拠点を置くCorrectoは、スペイン語を話すユーザーを対象とした言語作成ツールのスタートアップで、本日、700万ドルのシードファンディングを発表した。ラウンドは、ロンドンに拠点を置くOctopus Venturesが主導し、Carya Venture PartnersとRiver Park Venturesも参加している。

創業チームは、2021年の終わりにスタートアップを開始し、Generative AIツールであるChatGPTが登場し、世界中の注目を浴びる前に、スペイン語の文章を修正するためのGrammarlyスタイルの自動編集ツールを構築するというアイデアに取り組んだ。

CEOのAbraham López LeeとCOOのIgnacio Prieto Mayorgaは、海外での勉強と仕事を通じて、自分たちの書かれた英語の品質を向上させるのに役立ったGrammarlyなどのテックツールを使用し、スペイン語の文法や構文を修正する類似のツールを見つけられなかったことに驚いたと述べている。

スペイン以外での生活の経験が、母国語でのプロの文章作成に対する自信を少し損なったため、良いツールが存在することにますます関心を持っていた。そのため、彼らはCTOのAntonio Triguero Noriegaと共にMVPの開発に取り組みんだ。

Correctoの初期バージョンは、ルールベースの自然言語処理とスペイン語のフレーズの独自のデータベースを使用して、Grammarlyスタイルの自動編集機能を提供し、対象言語での文法とスタイルを修正していた。最初のリリースは、需要をテストするためのChrome拡張機能として行われた。その後、フリーミアムのWebアプリもリリースされ、現在までに12万ダウンロード(活動ユーザーは約7万人)を記録している。

同社は、生産性を向上させるだけでなく、「個別のスタイル」や「愛情」を通じて伝わる「声」を保持する文章作成ツールのビジョンを詳しく説明している。

機械生成のテキストが人間の目に届く際、人間のタッチを保ち、個別の温かさや個性を編集しないコミュニケーションは、純粋に人工的なものと感じるようなスパミーな感覚と比べて、注目を集める可能性があると思われる。特にプロの環境で。そして、Correctoのチームは、エンタープライズ向けのSaaSを販売することを目指している。(ただし、製品の価値を評価するために、個別のユーザー向けのフリーミアム版のツールも提供し続けることにも取り組んでいると述べている。)

ロペス・リーは、個別の文章スタイルを通じて伝えられる個人的なタッチの重要性について、「それは消えるとは思わない。少なくとも5〜10年後には消えないだろう」と予測している。そして、Correctoがここにあり、「愛情」をサポートする役割を果たす。

この考え方は、彼らが自社の製品に関して「AIブーム」に対して楽観的である理由の一部を説明している。実際、ChatGPTなどのバイラルな成功により、彼ら自身の製品の市場機会が加速したと彼らは示唆している。

彼らはまた、自社の製品に関して、他のLLMを細かくチューニングすることで、より豊かな形式の自動編集を提供するために、OpenAIのAPIに直接アクセスしている。ユーザーは、プロジェクトのコンテキスト、対象読者、好ましいトーンなどを選択し、適切なスペイン語の文章を作成するための文法と構文の修正以上のサポートを得ることができる。つまり、彼らはメインストリームの生成AIの進展を活用して、自社のスペイン語のニュアンスを独自に「調整」した他のLLMによって、より豊かな形式のスペイン語の自動編集を提供している。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら