Didiの自動運転トラック事業、6,200万ドル調達し独立運営

Image Credits: Didi

Didiの自動運転トラック事業、6,200万ドル調達し独立運営

uniqorns編集チーム 2023.10.18

Didiは最近、自動運転トラック事業を独立したエンティティとして設立し、KargoBotと名付けた。この事業は約4億5000万人民元(約6,170万ドル)の資金調達を成功させた。

国内のカシミヤメーカーである鄂爾多斯集団などの投資家が資金調達に参加した。関係者によれば、この戦略的な動きは、KargoBotにパートナーとの商業運用のためのロボットトラックのパイロットをより自律的に提供することを目的としている。

Didiは、新たに形成されたエンティティで最大の株主の地位を維持する。現在、Didiは中国の道路上で150台の自動運転トラックを運用しており、特に北部地域で石炭などの大量貨物を輸送することに特化している。報告書では、Didiの野心的な計画が紹介されており、今後2年間で自動運転トラックのフリートを1,000台以上に拡大することを目指している。特筆すべきは、Didiが自動運転部門を2019年8月に独立した会社に分社化したことである。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら