Doctor Anywhere、デジタル・ヘルスケアのエコシステム拡大に4,080万ドルを出資

Image Credits:Doctor Anywhere

Doctor Anywhere、デジタル・ヘルスケアのエコシステム拡大に4,080万ドルを出資

uniqorns編集チーム 2023.12.08

Doctor Anywhere(ドクターエニウェア)は、シンガポールを拠点とするヘルステック企業で、シリーズC1の追加ラウンドで4080万ドルを調達した。Square PegとNovo Holdingsを含む投資家が参加した。

同社は声明で、「垂直統合型のデジタルヘルスケアエコシステム」の構築と、二次医療に焦点を当てたサービスの拡大に新たな資本を活用すると述べている。

同社は新しいサービスの導入、戦略的パートナーシップの強化、買収の機会の探求を目指している。2022年12月、Doctor Anywhereはシンガポールの医療サービスグループであるAsian Healthcare Specialistsを7600万ドル以上で買収した。

Doctor Anywhereは昨年、3820万ドルの収益と3300万ドルの損失を記録した。同社は、今年末までに収益を7400万ドルに増やすことを目指している。

Doctor Anywhereは2017年に設立され、プライマリケア、専門医療、テレヘルスなどのオンデマンドヘルスケアサービスを提供している。シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム、フィリピンなど、2.5百万人以上のユーザーを抱えている。
同社はこれまでに合計1億7630万ドルの資金調達を行っている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら