Dragosが7,400万ドルを調達し、産業制御システムを脅威から保護

Image Credits:Dragos

Dragosが7,400万ドルを調達し、産業制御システムを脅威から保護

uniqorns編集チーム 2023.09.18

Dragosは、製造業や産業機器の制御システムを保護するためのソフトウェアを開発している企業で、WestCapが主導するシリーズDラウンドで7,400万ドルを調達した。

これにより、Dragosの総調達額は4億4000万ドルに達し、スタートアップの事後評価額は2年連続で17億ドルに据え置かれた。DragosのCEOであるRobert Lee氏は、新たな資金の使い道について「企業の顧客基盤の拡大を続けるため」と語った。Dragosの顧客数は約400の組織と政府機関になっている。

Dragosは、電力、水道、石油・ガス、化学などの産業において、ハードウェアの監視・管理・制御デバイスを標的とする脅威アクターからインフラを保護することを目指している。産業制御システムと呼ばれるこのハードウェアへの攻撃は、頻度だけでなく洗練度も増しているというデータが示している。Dragosの競合他社であるWaterfall Security Solutionsのレポートによれば、2022年には産業制御システムへの攻撃が57件報告され、前年比で140%増加している。

また、海洋・油田・ガス・化学セクターのコンサルティンググループであるABS Groupの最近の調査では、組織の45%が制御システムへの脅威を「高い」と考えており、別の15%が「深刻または重大」と回答している。

Frost & Sullivanによると、2025年までに産業セキュリティ市場は102億ドルに達すると予測されている。
Dragosは、組織の資産と通信の可視化を提供することでこれらの制御システムを保護しようとしている。同社のプラットフォームは、脅威を特定し、脆弱性を優先順位付けし、攻撃への対応手順を提供するために分析を活用している。

また、Dragosは、顧客の産業制御システム環境内での脅威活動を追跡し報告するマネージドハンティングサービスと脅威情報サービスを提供する、わずか数社の産業制御セキュリティベンダーの1つであると主張している。

500人の従業員を擁するDragosは、過去数ヶ月間に積極的な拡大を図ってきた。今年春と夏には、特にドイツ、オーストリア、スイスでの存在感を高め、サウジアラビアとアラブ首長国連邦の市場に進出した。また、ITコンサルティング会社であるMacnicaとの契約を結び、日本でDragosの製品を提供することとなった。さらに、8月にはシンガポール政府のサイバーセキュリティ部門との3年契約を締結し、同国の運用技術および重要なインフラへのサイバー攻撃に対する防御策を支援している。

直接の契約や顧客との関係に加えて、Dragosはパートナープログラムの立ち上げにも取り組んでいます。Dragos Global Partner Programとして今年始めに開始されたこのプログラムは、パートナーがプラットフォームを再販し、管理し、展開するためのトレーニングを提供している。
以前のインタビューで、Lee氏はDragosのIPOを最終目標としていると述べていた。実現するのは時間の問題のようだ。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら