Fave、スーパーファン向けアプリ、200万ドルを調達。熱狂的なファンに報酬を提供し続ける

Image Credits: Fave

Fave、スーパーファン向けアプリ、200万ドルを調達。熱狂的なファンに報酬を提供し続ける

uniqorns編集チーム 2023.10.13

Faveは、同じような音楽愛好者とつながり、お気に入りのアーティストに夢中になるスーパーファン向けのアプリである。同社は、現在進行中のラウンドで200万ドルを調達した。このラウンドは600万ドルを超える予定であり、女性創業者ファンドやWarner Music、Sony Musicなどの大手業界プレーヤーが再投資している。
Faveは以前にも220万ドルを調達し、TechCrunchが2021年に取り上げた。同社の現在の評価額は1500万ドルである。

ハリー・スタイルズのHarriesやテイラー・スウィフトのSwifties、ビヨンセのBey Hive、BTSのARMYなど、5万人以上の熱心なファンがFaveに参加し、コンサートのクリップを共有したり、ファンメイドのアートを投稿したり、最も熱狂的なファンのストーリーを書いたりしている。
さらに、このアプリには「ファン認証」機能があり、ファンはファン、認証ファン、認証スーパーファンのステータスに応じてランク付けされる。ユーザーは、ストリーミング活動、コンサート/イベントへの参加、お気に入りのアーティストとの対面の証拠、さらにはタトゥーなどの熱狂的な行為に基づいてポイントを獲得する。これにより、ファンはこれらの特別な瞬間をバッジの形で記録することもできる。

ファンは互いに競い合い、ランキングが上がるにつれて、コンサートチケット、独占イベント、早期アクセスなど、アーティストやブランドパートナーによって提供されるさまざまな特典と体験をアンロックする。

Faveのマーケットプレイスでは、ファンはコンサートチケットを転売したり、手作りのグッズを販売したりすることもできる。会社は取引手数料として2.4%を採用していますが、これまでは5%、10%、0%と実験してきた。

Faveは、ファン同士がつながるためのプラットフォームに加えて、アーティストと彼らのチームがファンについての詳細なデータを入手するためのリソースでもある。名前、活動レベル、ファンが忠誠心を示す方法など、Faveは生成AIツールと予測ファンインテリジェンスを活用して、アーティストの戦略の改善に関する具体的な提案を提供する。会社はまた、アーティストチームが直接ファンと連絡を取ることも可能にしている。

Faveは、さらに多くのアーティストチームがスーパーファンを見つけて到達できるようにするためのツールを正式に立ち上げる準備を進めている。同社は既に主要なエンターテイメント企業をオンボードしており、将来的にはすべてのアーティストにリリースを広げる予定である。

現在の資金調達ラウンドで参加した新たな投資家には、音楽業界のベテランであるLyor Cohen氏、Spotifyの元VPでOpenSeaのCBOであるShiva Rajaraman氏、Amazonの元GMでEMPIREのCBOであるAlexandra Moore氏などが含まれている。Xoogler.co、Goodwater、Gaingelsも参加している。
Faveはまだベータ版だが、2023年末に正式にローンチする予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら