Finally、1,000万ドルを調達し、中小企業の会計にAIを導入

Image Credits:Finally

Finally、1,000万ドルを調達し、中小企業の会計にAIを導入

uniqorns編集チーム 2024.02.06

Finallyは、会計や財務機能の自動化を支援するフィンテックスタートアップで、さらに1,000万ドルのベンチャーキャピタルを調達しました。同社は、2022年には9,500万ドルの資金調達を行い、中小企業向けの融資や簿記機能を展開した。Finallyは、2018年にFelix Rodriguez氏、妻のGlennys Rodriguez氏、Edwin Mejia氏によって設立された。

その後、Miamiを拠点とする同社は、簿記、経費管理、請求書の支払い、給与計算など、中小企業向けのビジネスプロセスを自動化したソリューションの提供に重点を置いている。また、人工知能(AI)を活用した簿記アプリの新バージョンやビジネスバンキング機能の提供も行っている。Finallyは、企業カードも提供し、中小企業のキャッシュフローや業績に対する洞察を提供している。

Finallyは、簿記、請求書、給与計算のデータポイントを収集し、AIと自動化を活用してクライアントに完全な財務状況を提供している。

新たな資金調達により、PeakSpan Capitalをリードインベスターとし、Active Capitalも参加した。これらの資金は、採用の追加、マーケティングへの投資、Finallyのテックスタックの拡充に投資される。これには、簿記、経費管理、ビジネスバンキングのモバイルアプリ版の開発も含まれる。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら