Finnが6億5800万ドル評価額で1億900万ドルを調達、カーサブスクリプションプラットフォームを進化させる

Image Credits:Finn

Finnが6億5800万ドル評価額で1億900万ドルを調達、カーサブスクリプションプラットフォームを進化させる

uniqorns編集チーム 2024.01.11

Finnは、新しい車のサブスクリプションプラットフォームを運営するミュンヘンのスタートアップで、車を購入やリースする代わりに新しい車を運転したい人々に提供している。Finnは、テクノロジーとサービスの拡充を目指して調達した資金を利用し、より多くの電気自動車とクラウドベースのツールを導入する計画である。

現在、ドイツと米国で2万5000件のサブスクリプションを管理しており、このラウンドで1億ユーロ(1億900万ドル)のシリーズCを調達し、会社の評価額は6億ユーロ(6億5800万ドル)となった。

このラウンドは、持続可能性に注力するヨーロッパの成長エクイティ企業であるPlanet First Partnersがリードしている。Finnでは、2028年までに在庫の80%が電気自動車となることを目指している。

FinnのCEOで共同創業者であるMaximilian Wührは、Finnの他の事業者が失敗した点を避けるために、市場への比較的遅い参入が洞察をもたらしたと感じている。Finnでは、新車を提供し、通常12か月のサブスクリプションで提供している。車はOEMから直接調達され、350以上の異なる構成の中から選択できる。車のサブスクリプションが終了した後、Finnは事前に車の販売契約を結んでいる。

Finnはドイツで強力な関係を築いており、市場の人気のあるメーカーやモデルの80%以上をカバーしている。一方で、米国ではOEMとの交渉が遅れているため、契約には時間がかかっている。

Finnは、顧客の興味と支払い意思を把握するためにデータサイエンスを活用している。また、顧客の利便性を最大化するために、オンラインでの車の取引を最適化している。

Finnはアプリをさらに発展させ、既存のサブスクリプションユーザーが車を交換したり、カスタマーサポートに連絡したり、追加のサービスを購入したりできるようにする計画である。さらに、人間の介在を可能な限り減らすことで、サポートのコストを削減することを目指している。
Finnの米国での拡大は比較的新しいものであり、独自の課題に直面している。Finnは、ドイツ市場と同様に米国市場でも成長することができるか注目されるポイントである。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら