GameOn Technologyが社名を「On」に変更し、2500万ドルを調達

Image Credits:GameOn Technology

GameOn Technologyが社名を「On」に変更し、2500万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.12.06

GameOn Technologyは、エンタープライズAIテクノロジーに転換するにあたり、名称をOnに変更し、2500万ドルの資金調達を行った。この新たな資金調達により、Onは会話型AIの風景を革新し、さまざまなセクターのビジネスが生成AIを活用して製品を作成できるようになることを目指している。

この戦略的な資金調達ラウンドには、Equiam、B3 Capital、Commonwealth Financial Network、Mirae Asset Venture Investmentなどが参加した。後者は以前にも同社のシリーズBの資金調達ラウンドを共同主導していた。

Onは、AIチャットのリーダーシップを活かし、特にスポーツセクターでの展開に加え、電子商取引、消費者バンキング、ヘルスケア、出版などの領域にも進出することを目指している。

生成AIの成長する潜在能力を認識し、Onはビジネスにこの技術をシームレスに統合し、製品化を効率化し、顧客との相互作用を充実させる新たなチャットの時代を牽引する。

エンタープライズの意思決定者を対象に行われた最近のOnの調査では、88%の企業が会話型AIへの投資を増やす予定であり、しかし24%がそれを効果的に収益化するのに苦労している。この課題に対応するため、Onは垂直AI/SaaSプラットフォームを先駆けとして、生成AIを効率的に収益化することを可能にし、言語モデルモデル(LLM)を使用するステークホルダーにとってのデータセキュリティを優先する。

Onのパートナーには、ValentinoやArmaniなどの高級ブランド、さらにはニューヨーク・ヤンキース、ラスベガス・レイダース、フィラデルフィア・76ersなどのメジャーリーグスポーツチームも含まれており、彼らのファンベースとの関係を深めるためにOnのプラットフォームを利用している。
Onは約100人の従業員を擁している。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら