Geelyのトラック部門であるFarizonが、中国外での展開のために6億ドルを調達

Image Credits: Farizon

Geelyのトラック部門であるFarizonが、中国外での展開のために6億ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.07.20

中国・杭州に本拠を置くGeelyのトラック部門であるFarizonは、シリーズAラウンドで6億ドルを調達したと明らかにした。ラウンドの主導者は、プライベートエクイティファームのBoyu Capitalと国有のYuexiu Industrial Fundで、United Clean Energy、Linjiang Industry Group、および以前の投資家であるHidden Hill CapitalとIndustry Foundation fo Xiangtanも参加した。

Farizonはハイブリッドと電気トラックの製造を手掛けている。その主な目標は中国外への事業拡大であり、特にヨーロッパ市場に注目している。同社は、2024年から軽量の電気貨物バン「Super Van」の販売をヨーロッパで開始する計画である。そして、このSuper Vanがヨーロッパのトップ3のe-cargoバンの一つになることを目指している。

最近では、カリフォルニアを拠点とするRivianがAmazonのための最初のe-cargoバンをヨーロッパで納入し始めた。Rivianもまた、その地域での存在感を強化することを望んでいる。これら新規参入者は、Fordのe-Transitバンと競合することになる。

さらに、Farizonはアジア太平洋地域、南米、中東での存在感確立も目指している。多くの中国のEVメーカーが、西洋ブランドとの競争でヨーロッパで意義ある成果を上げることができなかった後、中東での戦略を追求し始めている。

現時点では、Farizonの売上の大部分は中国から来ている。コンサルタントグループLMC Automotiveによれば、同社は2022年に中国で約37,800台の軽商用車を販売した。2023年の1月から5月にかけて、Farizonは24,760台の車両を販売した。年末までには、Farizonは150,000台の販売を達成することを希望していると述べている。また、同社はすでにその数の商用車を生産したと明らかにした。

Farizonは今回の調達資金を、技術と製品開発の進展にも使用すると述べている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら