Gem Security、クラウド・セキュリティ・プラットフォーム向けに2,300万ドルを調達

Image Credits: Gem Security

Gem Security、クラウド・セキュリティ・プラットフォーム向けに2,300万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.09.27

クラウドセキュリティ企業のGem Securityは、GGV Capitalをリード投資家とする2,300万ドルのシリーズAラウンドを発表した。IBM VenturesとSilicon Valley CISO Investmentsも参加した。

Gem Securityは、クラウドの検出と対応を行う企業であり、企業がクラウドネイティブテクノロジーを迅速に採用し、インフラをクラウドに移行する中でセキュリティの姿勢を複雑化させている。この資金調達により、Gem Securityは製品開発とマーケティングを強化し、クラウドセキュリティの領域での成長を加速させる予定である。

Gem Securityは、2022年に設立され、今年初めにサービスを開始したばかりだが、Repsol、OpenWeb、Thirty Madison、Kalturaなど、多くの企業がGem Securityのサービスを利用している。また、Gem Securityは、Gemの共同創設者兼CEOであるArie Zilbersteinが、投資家が数字だけでなく、顧客の声にも注目していると述べた。

Gem Securityは、将来的にはAIを活用して製品を改善し、セキュリティアナリストの効率化と一部の作業の自動化を支援することを検討している。また、Gem Securityは、フォレンジック機能の強化や他のプラットフォームやSaaS統合の保護範囲の拡大も検討している。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら