Grab、子会社のGXS銀行に1億900万ドルを追加注入

Image Credits:Grab

Grab、子会社のGXS銀行に1億900万ドルを追加注入

uniqorns編集チーム 2024.01.15

Grabは、シンガポールの通信大手Singtelとのデジタルバンク事業であるGXS Bankにさらに1億4500万シンガポールドル(1億90万ドル)を投資した。

この投資は、Grabが2023年7月にGXS Bankに1億1,010万ドルを注入した後のものである。シンガポール金融管理庁によると、デジタルフルバンクとして機能するためには最低1億5,000万シンガポールドル(11億ドル)の実入金を示す必要がある。

GXS Bankの競合他社には、Sea GroupのMariBankやStandard Chartered BankとFairPrice Groupの提携によって形成されたTrust Bankが含まれる。ただし、後者は他の2社とは異なり、デジタルフルバンクではなくフルバンクとして運営されており、預金の上限から免除されている。

昨年、GXS Bankは銀行業界のベテランであるMuthukrishnan RamaswamiをグループCEOとして任命し、シンガポールおよびマレーシアの事業をリードした。
GXS Bankの子会社であるGXBankは、2023年11月にマレーシアで公式にローンチし、同国で初めてのデジタルバンクとして営業を開始した。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら