Guardz、AIベースの中小企業向けセキュリティ・プラットフォーム拡大のため1800万ドルを調達

Image Credits:Guardz

Guardz、AIベースの中小企業向けセキュリティ・プラットフォーム拡大のため1800万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.12.13

Guardzは、中小企業向けのAIベースのセキュリティプラットフォームを拡大するために1800万ドルを調達した。このプラットフォームは、最新の人工知能技術を活用して、中小企業のセキュリティを強化する。

Guardzのセキュリティプラットフォームは、中小企業がデータ侵害やサイバー攻撃から保護されるように設計されている。AI技術を活用することで、リアルタイムでの脅威検知と迅速な対応が可能となる。

GuardzのCEOは、「中小企業はサイバーセキュリティにおいて特に脆弱な状況にあります。Guardzは、AIベースのセキュリティプラットフォームを通じて、中小企業が安全に成長できる環境を提供します。今回の調達により、さらに多くの企業に我々のソリューションを届けることができます。」とコメントしている。

Guardzのプラットフォームは、中小企業にとって負担の少ない価格帯で提供される。これにより、セキュリティに関する課題を抱える中小企業にとっては非常に魅力的なソリューションとなる。

Guardzの調達額が1800万ドルであることは、中小企業セキュリティ分野における成長の証となる。これにより、Guardzはさらに多くの企業に対してセキュリティの重要性を認識させ、データとシステムの保護をサポートする。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら