Habyt、長期滞在と「フレキシブルな生活」を目指したAirbnbスタイルのプラットフォームが4,200万ドルを調達

Image Credits: Habyt

Habyt、長期滞在と「フレキシブルな生活」を目指したAirbnbスタイルのプラットフォームが4,200万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.10.05

ベルリンのスタートアップ、Habytは、長期滞在を目的としたAirbnbスタイルのプラットフォームで、4,200万ドルのシリーズCラウンドを発表した。
最新ラウンドの規模は健全であり、スタートアップの資金調達は全体的に制約されている中、さらに旅行業界はCOVID-19パンデミック前の活動レベルにまだ回復しているからだ。

Habytのプラットフォームは、1年以上の賃貸契約を結ぶ長期滞在と、数日または数週間の短期滞在の間の市場のニーズを埋めることを目指している。
Habytのプラットフォームは、物理的な世界と住宅に焦点を当てており、オンライン上で物件がリストされ、バーチャルで内覧が行われ、契約やドキュメントの確認などの取引もすべてオンラインで行われる。

この資金調達により、Habytはテクノロジープラットフォームをさらに強化し、ビジネスをヨーロッパ、アジア、北米全体に拡大する予定である。

このラウンドの投資家には、Korelya CapitalとDeutsche Investが共同リードし、Exor Ventures、Endeavor Catalystなどの新規投資家、およびP101、ITALIA500-Azimut、HV Capital、Vorwerk Ventures、Norwest、Kinnevik、Burda Principal Investments、Invereadyなどの既存の投資家も参加している。

Habytは、詳細な評価額を公表していないが、前回の評価額が2億ドルであったことをCEOのLuca Bovone氏は確認しており、今回の資金調達により、Habytの総調達額は約1億ドルに達した。

Habytは、短期滞在のマーケットで発生する一部の問題からは免れているが、共同生活市場にも課題がある。Habytは、有機的な成長と買収を通じて拡大してきた。Hmlet(シンガポール)を2022年に買収し、今年の初めにはニューヨークのCommon Livingも買収した。

Habytは、一部の市場で短期滞在にも進出する可能性がある。スタートアップは、ベルリンで最初のホテルを開業したが、オープン後わずか数日で満室になったと述べている。

Habytは、民間の物件を活用してインベントリを構築することでスタートしたAirbnbとは異なるアプローチを取っている。Habytは、個人のホームオーナーに焦点を当てたが、ビジネスを本格的に拡大するため、機関投資家からのインベントリを獲得することに迅速に取り組んでいる。現在、これらの物件はすべて家具付きである。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら