iink、1,200万ドルのシリーズAラウンドで不動産保険請求貸付にデジタルスタンプ

Image Credits: iink

iink、1,200万ドルのシリーズAラウンドで不動産保険請求貸付にデジタルスタンプ

uniqorns編集チーム 2023.10.20

iinkは、不動産保険請求に関連する資金調達を容易にするために、抵当サービス銀行と保険会社と連携し、完全にデジタルで自動化されたワークフローを作成している。タンパに拠点を置くこの企業は、Headlineをリードとする1,200万ドルのシリーズA資金調達を受け、その仕事を支えている。他にも、Motley Fool Ventures、Chartline Capital Partners、Silver Circle Ventures、および一部の既存の投資家も参加した。

iinkは、2017年に設立され、2022年まではサービス事業として運営されていた。共同創業者でCEOのTom McGrathによれば、これは主に共同創業者のRyan Holiday、Ken Lollar、およびRyan Wetzelが修復の専門家としての経験を持っていたためである。

iinkのアプローチでは、銀行が資金を提供することを知っているため、同社は請負業者にクレジットラインを提供する。これにより、McGrathによれば、キャッシュフローと管理の負担の2つの問題が解決される。

iinkの3つの主要な製品には、2営業日での資金調達を可能にするキャッシュフローのコンポーネント、多重請求チェック処理を容易にする遠隔預金キャプチャと支払い、およびiinkが請負業者の代わりに住宅ローン会社と協力する機能がある。

遠隔チェック処理ソリューションは無料のティアから始まり、一度限りの299ドルの設定料金がかかる。他のコンポーネントは、請求チェックの1.95%までの支払いと追加料金が発生する。同社はまた、無制限の利用のための月額サブスクリプション料金を請求する。

過去12か月間で、iinkは取引を行っている顧客数を2倍に増やし、保険請求金額では約7200万ドルを処理している。McGrathによれば、これは収益の3倍増加を意味する。

新たな投資を含めて、同社はこれまでに約2300万ドルの資金を調達している。McGrathはiinkの評価額を明らかにすることを辞退したが、シードラウンドからの評価額が3倍になったと述べた。

同社は新しい資金を3つのバケットに投資する予定である。拡張性と自動化、顧客基盤の構築、および統合とチャネルパートナーシップである。エンジニアリングとビジネスの両方の分野で採用も行っている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら