InsuranceDekho、今年2回目の資金調達ラウンドで6,000万ドルを確保

Image Credits: InsuranceDekho

InsuranceDekho、今年2回目の資金調達ラウンドで6,000万ドルを確保

uniqorns編集チーム 2023.10.11

インドのInsuranceDekhoは、シリーズBの調達ラウンドで6,000万ドルの資本と債務を調達した。投資家には三菱UFJフィナンシャルグループ、BNP Paribas Cardifのインシュアテックファンド、およびBeams Fintech Fundが含まれている。

このラウンドは、2023年におけるInsuranceDekhoの2回目の資金調達である。2月には、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントとTVSキャピタルファンドを含む投資家から1億5,000万ドルを調達した。
新たな資金は、マーケティング施策、インドの農村地域での流通ネットワークの拡大、テックプラットフォームの拡張、および新規事業への投資に使用される予定である。

2016年にAnkit AgrawalとIsh Babbarによって設立されたInsuranceDekhoは、消費者が異なる保険商品を比較し、最適なプランをプラットフォームを通じて購入できるようにしている。

同社の主要なビジネスは「エージェンシーバーティカル」モデルで展開されており、インド全土で10万人以上のパートナーエージェントがInsuranceDekhoを通じて保険商品を販売している。InsuranceDekhoは、各販売に対して手数料を受け取る。このエージェンシービジネスは利益を上げており、Agarwal氏によれば、InsuranceDekho全体として2023年末までに同じマイルストーンを目指している。

2022年には、同社は約190億ルピー(2億2,820万ドル)の保険料を集め、今年は360億ルピー(4億3,250万ドル)を目指している。
現在、年間保険料相当額は約300億ルピー(3億5,040万ドル)である。同社はこれまでに600万人以上の消費者にサービスを提供したと述べている。
InsuranceDekhoは、再保険市場への参入も検討しており、保険会社がリスクを他の保険会社に転嫁することで初期リスクへの追加的な保護を提供する。

さらに、同社は年末までに約500〜700人のチームメンバーを追加する予定である。これにより、総従業員数は2,500人以上になる。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら