IPOを視野に入れた株式会社変な商社、約5.9億円の資金調達を第三者割当増資により実現 – 宿泊業界のDX化を通じて日本の観光立国化に貢献

Image Credits: 株式会社変な商社

IPOを視野に入れた株式会社変な商社、約5.9億円の資金調達を第三者割当増資により実現 – 宿泊業界のDX化を通じて日本の観光立国化に貢献

uniqorns編集チーム 2023.06.28

「変化進化あふれる未来を共創する」をミッションとする株式会社変な商社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ホ ヨンジュ)は、IPOを視野に入れつつ、この度、千葉・横浜パートナーシップ1号ファンドを引き受け先とした第三者割当増資により、約5.9億円の資金調達を実現した。

株式会社変な商社は、2017年に設立され、「変化進化あふれる未来を共創する」をミッションに掲げている。その一環として、この度の調達資金を用いて、宿泊業界の人材不足問題の解消を目指す新たなDXシステムの開発を進める。これにより、観光業界の課題解決と業界のさらなる発展を推進し、日本の観光立国化に寄与する計画である。

同社は、この度の資金調達を通じて、DXシステムを活用し宿泊業界の人材不足問題を解決することを目指している。その過程で、独自の地位を築き、早期のIPOを目指す方針である。

特に、宿泊施設の運営に関連する手続きや業務プロセスの一部は、現状では接客スタッフが兼任し、FAX等の紙で行われることが多い。このような業務における煩雑さを解消し、業務効率化を図ることで、スタッフがお客様への接客サービスに集中できる環境を提供することを目指す。

株式会社変な商社が引き受け先とした千葉・横浜パートナーシップ1号ファンドは、地元で経済発展を進めることを目指す投資ファンドである。これらのエリアでの観光産業の活性化につながる可能性があり、地元エリアの持続可能な経済発展にも寄与すると考えられている。

変な商社のこれまでの業績とともに、この新たな投資によってさらに業績を伸ばすことが期待されている。IPOを視野に入れた今後のビジネス展開は、宿泊業界をはじめとする観光産業における新たな可能性を切り開くとともに、新たな雇用創出や地域活性化にも寄与すると考えられている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら