Kek Entertainmentが800万ドルを調達し、クロスプラットフォームのゲームを推進

Image Credits:Kek Entertainment

Kek Entertainmentが800万ドルを調達し、クロスプラットフォームのゲームを推進

uniqorns編集チーム 2023.11.28

Kek Entertainmentは、モバイルデバイス、コンソール、PCなど様々なプラットフォームでのクロスプラットフォームのゲーム体験を促進するために800万ドルの資金調達を行った。
この資金は、モバイルとPC/コンソールのゲーマーを統一したプラットフォーム上に結集させる未発表のビークルシューターゲームである彼らの旗艦タイトルの開発を支援する。

このラウンドは、韓国のゲーミングベンチャーキャピタルファンドであるKorea Investment Partnersが主導した。他の投資家には、Woori Technology Investment Co.、Kona Venture Partners、KEKのプリシード投資家であるThe Games FundとPlay Venturesが含まれている。

この新しい会社は、Pixonicsのチームによって設立された。彼らはモバイルデバイスでのメックファイトゲーム「War Robots」の開発に関わった。今度は、彼らはメカのゲームで何か新しいものを作ろうとしている。

Korea Investment PartnersのディレクターであるMichael K. Lee氏は、プレイヤーの多くがより没入型のゲームプレイと、他のプラットフォームでプレイする友達と一緒にプレイしたいと望んでいると述べている。

Kek Entertainmentの共同設立者であるGeorgy Egorov氏とOleg Poroshin氏は、数年前にPixonicsから参加した。彼らは2014年にリリースされて以来、収益750万ドルを上げ、ダウンロード回数は2億5000万回を超える「War Robots」を作成した。最も一般的なリクエストは、友達と一緒にプレイするためにゲームを複数のプラットフォームに展開することだった。

今回は、War RobotsとWorld of Tanksのようなものを想定しており、アクションはスローペースであり、プレイヤーは戦略を立てることができ、手と目の協調を信じる必要はない。

設立者たちはこのジャンルに情熱を持っており、新しいものを作りたかったとEgorov氏は語った。今や彼らは、マルチプレイヤーのPvPアクションの専門知識を活かして、モバイルゲームの制約を超え、プラットフォームに依存しない知的財産を創造しようとしている。

Kek Entertainmentのコアの哲学は、さまざまなゲームデバイス間のギャップを埋めることで、よりつながりのある包括的なゲーム空間を作り出すことにある。Poroshin氏は、スローペースのシューターゲームが異なるプラットフォーム間で一貫した公正なゲーム体験を可能にする点の重要性を強調し、戦略的なアプローチと魅力的なゲームプレイに焦点を当てている。

Kekは、アートスタイルとゲームの初期のプレビューに対して初期採用コミュニティから好意的な反応を受けたと述べている。現在、モバイルデバイスとSteam上のプレイヤー向けのソフトベータ版のローンチに取り組んでいる。ゲームプレイの一部では、非プレイヤーボスを倒しながら対戦相手と戦う必要がある。おそらく3つの異なる派閥が存在するだろう。以前のテストはトラックパッド上で驚くほどうまく機能した。

以前、同社はThe Games FundとPlay Venturesから300万ドルのプリシード投資を受けた。現在、複数の国で35人のスタッフを抱えている。本社はキプロスのリマソールにあり、開発チームはアルメニアなどに所在している。

新しい会社を立ち上げることについて、Egorov氏は、レガシープロダクトでは新しいアイデアを実装することが難しいこともあると言う。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら