Kopital Venturesが新ファンドの第1クローズで1,200万ドルを調達

image credit:Kopital Ventures

Kopital Venturesが新ファンドの第1クローズで1,200万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.10.25

Kopital Venturesは、コーヒーチェーンKopi KenanganのJames PranantoとFandy Cendrajayaによって設立されたVCファームであり、水曜日に初のファンドの第1クローズを発表した。

オーバーサブスクライブされたファンドは、Saison Capital、Trihill Capital、Impack Ventures、Alto Partnersマルチファミリーオフィスなどのさまざまな投資家から1,200万ドルを調達した。

PranantoとCendrajayaは、Kopi Kenanganの早期サポーターであるエンジェル投資家であるChristian Sutardiがベンチャーパートナーとして加わる。
このファンドは、主にインドネシアを中心に、東南アジア全域の早期ステージのスタートアップに焦点を当てており、今後3年間で30〜40社に投資することを目標としている。

Kopital Venturesは、将来のインドネシアのユニコーン企業への最初の投資家になることを目指している。

同社は、Cendrajaya氏が創業パートナーとして務めることを発表し、ポートフォリオ企業に対して資金だけでなく、ガイダンス、ネットワーク、他の投資家からの後期資金調達のサポートも提供する予定である。

Prananto氏は、VCファームは2022年にKopi Kenanganの共同創設者である彼とCendrajayaが始めたエンジェル投資家の非公式グループであるKopital Networkから進化したものだと述べた。その他のメンバーには、Number Capital、Boston Consulting Group Singapore、Ayoconnect、およびKudoの役員が含まれている。

このネットワークは、Somethincという美容ブランドや、Durianpayという決済ゲートウェイなど、いくつかのスタートアップに投資している。
Kopital Venturesは、シンガポールを拠点とするベンチャーキャピタルファームであるFarquhar VCとの協力のもとに立ち上げられた。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら