Luma、3Dモデル作成AI構築のため4,300万ドルを調達

Image Credits:Luma

Luma、3Dモデル作成AI構築のため4,300万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2024.01.09

LumaはシリーズBラウンドで4,300万ドルを調達した。これにより、LumaはAIが「世界を見て理解し、表示し、説明し、最終的には相互作用する」ことができる新しいAIモデルを訓練するためのNvidia A100 GPU約3000台のコンピュートクラスターを活用する。現在の焦点は、テキストの説明から3Dオブジェクトを生成するモデルの開発であり、既に「Genie」というモデルをリリースしている。

さらに、現在のモデルでは解決が難しい「不気味な谷」の問題に取り組む「次世代」の生成AIモデルの開発も予定している。

Lumaのツールは、現在のモデルとは異なり、忠実度が向上している。既存のモデルが2次元の画像で訓練されているのに対し、Lumaのツールはより進んだ写真のような生成技術を提供し、直感的なアプリで利用できるようになる。

Lumaは今後も急速に成長を続け、人員を増やし、GPUを搭載したモデル実行用のサーバークラスターを拡充していく予定である。Genieは既に10万人以上のユーザーを集めていますが、Lumaはさらに優れた、より能力の高い視覚モデルの開発に取り組んでいる。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら