Meals in Minutes、ミールキット提供拡大のため150万ドルを調達

Image Credits:Meals in Minutes

Meals in Minutes、ミールキット提供拡大のため150万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2024.01.17

Meals in Minutesは、マレーシアを拠点とするフードスタートアップで、調理済みの食事を提供している。同社は500 Globalをリードとするシードラウンドで150万ドルを調達した。また、個人投資家もこのラウンドに参加した。

Meals in Minutesは2020年にBrandon LimとKhiara Miaによって設立され、忙しい人々の料理を簡単にし、F&B業界向けの食品ソリューションを提供することを目指している。同社のハラル認証製品は冷凍され、分量が計られており、15分以内に調理することができる。そのため、会社の名前がMeals in Minutesとなっている。

同社は資金を使用して、シンガポールとマレーシアでの成長を支援し、英国市場に参入する予定である。また、製品のバラエティを増やし、マーケティング戦略を改善し、すべての市場でより多くの潜在的な顧客にアプローチする計画である。

Meals in Minutesのようなフードスタートアップの台頭は、このような企業にとって主要な成長ドライバーである東南アジアのフードデリバリースペースにおける見通しの混在を背景にしている。Grabはセグメントでの衰退を逆転するように見えるが、Foodpandaの親会社であるDelivery Heroはアジア全域での成長の障害に直面している。
マレーシアでは、食品デリバリー市場は2028年までの年間成長率が11.49%と予想されており、成長の潜在性がある。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら