Meatable、豚肉の人工培養肉の開発加速のための資金調達で3,500万ドルを調達

image credit:Meatable

Meatable、豚肉の人工培養肉の開発加速のための資金調達で3,500万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.08.08

オランダのMeatableは、豚肉製品を初めとする人工培養肉の開発に向けて、追加の資金調達に成功した。同社は、アグロノミクスのリードを受け、Invest-NLなどの新規投資家と共に、このために合計3500万ドルを調達している。これにより、Meatableの総資金調達額は9500万ドルに達した。

Meatableは、動物の細胞を取り、動物を傷つけることなく細胞の自然な成長プロセスを複製する技術を開発している。同社は、プリプラレント幹細胞と特許取得済みの「opti-ox」技術を組み合わせて、細胞を継続的かつ迅速に増殖させる。一般的に、培養肉プロセスは精密発酵技術とバイオリアクターを使用して肉を作り出す。

Meatableは、生産性向上を目指して、脂肪や筋肉を作るためにかかる製造時間を3週間から8日に短縮した。同社はまた、500リットルのバイオリアクターで細胞を80ミリオン個/ミリリットルで増殖させることができるため、数日以内に脂肪や筋肉を作り出すことが可能だ。

Meatableは、シンガポールでソーセージや豚肉の餃子など最初の製品を2024年に販売開始する予定であり、米国進出も計画している。同社は、今後数年間に工場を建設し、大量生産を目指す予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら