Meatiply社、375万ドルのシードマネーを調達し養殖肉生産を拡大

Image Credits:Meatiply

Meatiply社、375万ドルのシードマネーを調達し養殖肉生産を拡大

uniqorns編集チーム 2023.12.06

Meatiplyは、シードファンディングの最初のクローズで375万ドルを獲得した。Wavemaker PartnersとAgFunderが共同リードし、Seeds Capitalも参加した。

シンガポールを拠点とするこのスタートアップは、商業パートナーと連携してR&D能力を拡大し、生産を拡大する予定である。新しい施設は2024年に稼働を開始し、商業展開を計画より2年早く実現する。

Meatiplyは、筋肉、脂肪、皮膚などの異なる細胞タイプを組み合わせて、本物の肉の味と栄養価を再現できる天然化合物を生産することで、肉製品を開発している。

2022年の100万ドルのプレシードラウンド以来、同社は異なる種類の3つのプロトタイプを披露しており、それにはアジア初の培養スモークダックの胸肉も含まれている。

厳しい投資環境の中、Meatiplyは今年シードファンディングを調達した数少ない培養肉スタートアップの1つである。一方、植物ベースのタンパク質に取り組むシンガポールの農業技術と食品技術企業は資金の大部分を受け取っており、細胞培養肉企業は後退している。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら