Metafuelsが緑の空を目指して800万ドルを調達

Image Credits:Metafuels

Metafuelsが緑の空を目指して800万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.12.13

Metafuelsは、持続可能な航空燃料の世界を変えることを目指し、地元のZRHでバゲージキャロセル3から800万ドル調達した。メタフューエルズは、新しい燃料で空を緑に塗り替えている。その燃料は、aerobrewと呼ばれ、再生可能な電力を使用して作られた持続可能な航空燃料で、eSAFと呼ばれている。

Metafuelsは、2030年までに実用的な100%合成ジェット燃料の代替品を生産することを目指しており、既存のグローバル再生可能エネルギーシステムにシームレスに統合され、従来の化石燃料供給チェーンから外れたエネルギーソリューションを提供する。この分野の競合他社には、LanzaJetなどがある。

新たな800万ドルの投資は、Metafuelsの野心的な計画に大きな後押しを与える。同社は、従来の燃料の価格上昇、環境課税の迫り来る影響、持続可能性に対するステークホルダーの圧力が、ISAFの初期生産コストを相殺する要因となると考えている。このラウンドは、Energy Impact PartnersとContrarian Venturesが主導した。

MetafuelsのeSAF技術は、緑のメタノールをeSAFに変換するために開発されたプロセスを使用して、化石ベースのケロシンからのシームレスな転換を可能にする。メタノールは水素(H2)と持続可能に供給される二酸化炭素から生成される。緑のH2は、再生可能な電力によって駆動された水電解によって生成することができ、CO2はバイオマス源、廃棄物、残渣などから捕獲することができる。

長期的な計画は、直接空気キャプチャを開始することである。これは詩的な一面もある。ガスを捕獲し、飛行機に入れて、空を飛び、再び空中に戻すのである。
これは、バッテリーや水素動力の飛行機が本格的に導入されるまでの興味深いステッピングストーンになるかもしれない。Metafuelsのaerobrewの魔法は、同社によれば、改造なしで航空機に燃料を供給できることである。


Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら