Nexusflow、セキュリティ・ツールのための会話型インターフェース構築で1,060万ドルを調達

Image Credits: Nexusflow

Nexusflow、セキュリティ・ツールのための会話型インターフェース構築で1,060万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.09.29

Nexusflowは、セキュリティツールの会話型インターフェースを構築するための資金調達として、Point72 Venturesをリードに、Fusion FundおよびシリコンバレーのいくつかのAIの権威者から1,060万ドルを調達した。

この資金は、採用、研究開発、製品開発に充てられる予定である。

UCバークレーのコンピュータサイエンス教授であるJiao氏は、SambaNovaの機械学習ソフトウェアの元ディレクターであったJian Zhang氏、およびSynopsysの元CTOであったKurt Keutzer氏と協力して、Nexusflowを設立した。彼らは、生成AIがセキュリティに変革をもたらす可能性があるという認識に至った後にNexusflowを設立した。

Nexusflowは、さまざまなセキュリティ知識源からのデータを合成し、既存のセキュリティツールにAPIを介してアクセスする。顧客のファイアウォール内またはクラウドで動作するオープンソースの大規模な言語モデルを活用して、Nexusflowは自然な言語コマンドを使用してセキュリティソフトウェアを制御し、メトリクスと洞察を取得する。

Nexusflowはまだ顧客は持っていないが、Jiao氏によれば、「多くの企業」が概念実証について議論しているとのことである。関心の増加に対応するため、Nexusflowは年末までに10人の正社員から20人のチームに倍増する予定だ。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら