NFTスタートアップRario創業者、1億2000万ドル調達から1年後に退社

image credit:Rario

NFTスタートアップRario創業者、1億2000万ドル調達から1年後に退社

uniqorns編集チーム 2023.09.08

インドのDream11が昨年主導した1億2000万ドルの調達ラウンドで注目を集めたクリケットのNFTスタートアップ、Rarioの創業者が退社することになった。

関係者によると、スタートアップの投資家であるDream11を含む投資家がますます力を持っているため、CEOのアンキット・ワドワ氏とCTOのサニー・バノット氏が追い出されることになったという。この件については、関係者は非公開を要求している。

さらに、Rario社の多くの役割が削減されるなど、広範な変更の一環として、多くの変更が加えられる予定だという。

Rario社は、Alpha Wave Globalやクリケットの伝説的なサチン・テンドルカーを支援者に数えている。
これらの変更は、Dream11の親会社であるDream Sportsがコスト削減を図っている時期に行われている。スタートアップは、Rario社が締結した多くのライセンス契約を交渉して、支出を削減することを目指していると、関係者の1人は語っている。
それにもかかわらず、このような変更が行われることは多くの人々を驚かせることになるだろう。

昨年、Rario社は1億2000万ドルの資金調達を行い、自社プラットフォームでいくつかのクリケットNFTの販売権を獲得するために積極的に取り組んだ。前回の資金調達時には、同社は約2億5000万ドルの評価額で、創業者たちは取引の一部としてステークを一部売却した。

NFTがグローバルな消費者の間で売れなくなり、デジタルアセットの価格が大幅に下落する中、プラットフォームの人気は最近の四半期に減少している。Rario社は現在、テンドルカー氏、クリケット・オーストラリア、IPLフランチャイズのGujarat TitanとPunjab Kings、Abu Dhabi T10、Hero Caribbean Premier League、Lanka Premier Leagueなど多くのパートナーシップを維持している。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら