Ola創業者のAIスタートアップ、5,000万ドルのラウンドでユニコーンの地位を獲得

Image Credits:Krutrim

Ola創業者のAIスタートアップ、5,000万ドルのラウンドでユニコーンの地位を獲得

uniqorns編集チーム 2024.01.26

Krutrimは、OlaのBhavish Aggarwalによって設立されたインドのAI企業で、Matrix Partners Indiaなどの投資家による最初の資金調達ラウンドで5,000万ドルを調達し、企業の評価額を10億ドルに引き上げた。

これにより、Krutrimはインド初のAIユニコーンだけでなく、このステータスに到達する最速のローカルスタートアップとなった。

同社の目標は、大規模な言語モデル(LLM)、会話型AI、およびAIインフラを含む完全なAIコンピューティングスタックの開発である。先月に発売された同社の基本的なLLMは、複数のインドの言語でコンテンツを処理および生成することができ、さまざまなベンチマークで他のグローバルモデルよりも優れたパフォーマンスを発揮すると述べている。

「インドは独自のAIを構築しなければなりません」とAggarwal氏は述べている。「私たちは、国内初の完全なAIコンピューティングスタックの構築に全力を注いでいます。」

同社は、2月に会話型AIアシスタントと開発者および企業向けのAPIをリリースする予定である。また、今年の第4四半期には、マルチモーダルおよびより大きな知識能力を持つLLMのプロバージョンを発売することを目指している。
AIの目標をさらにサポートするために、同社は地元のデータセンターの開発に向けたインフラを構築し、サーバーコンピューティング、エッジコンピューティング、およびスーパーコンピューターを収容するための拡張を計画している。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら