Oobit、2,500万ドルの増資で暗号決済アプリの世界進出を拡大へ

Image Credits:Oobit

Oobit、2,500万ドルの増資で暗号決済アプリの世界進出を拡大へ

uniqorns編集チーム 2024.02.05

Oobitは、シンガポールを拠点とするモバイル暗号通貨決済アプリで、より一般的なユーザーにプラットフォームを提供することを目指している。同社は、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、およびアラブ首長国連邦に拡大するために、シリーズAの資金調達で2,500万ドルを確保したと発表した。

ラウンドの投資家には、Solana Labsの共同創設者であるAnatoly Yakovenko氏や、ステーブルコイン発行会社であるTether Limited、そして468 CapitalやCMCC GlobalのTitan Fundなど、暗号通貨界の重要人物が含まれている。

Oobitは、暗号通貨決済を効率化することを目指している。その「タップアンドペイ」の機能により、ユーザーは世界中の1億以上の加盟店で暗号通貨を使用して支払いを行うことができる。これは、VisaやMastercardの非接触型トランザクションの簡便さを反映している。

このスタートアップは、Web3と現実世界の支出を結びつけるため、暗号通貨や非暗号通貨を含む外部の電子ウォレットへの支払いや送金を可能にする予定である。

さらに、Oobitでは、ユーザーがアプリ上でビットコイン、イーサリアム、および他の35種類以上の人気のある暗号通貨を直接購入できるようにしている。

Oobitの目標は、「ユーザーが資金をコントロールしながら直接支払いができるようにすることであり、ユーザーセントリックな金融の未来に対するOobitの信念とビジョンに一致しています」と、共同創設者兼CEOのAmram Adar氏は述べている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら