Ooodlesが1200万ドルを調達し、デバイスリースサービスを拡大

Image Credits:Ooodles

Ooodlesが1200万ドルを調達し、デバイスリースサービスを拡大

uniqorns編集チーム 2023.11.09

Ooodlesは、デバイスリースサービス市場において、小規模なITサービス企業に限られた選択肢があることから、この市場を開拓している。最近、同社はParis-based asset managerであるSmart Lenders Asset Management(SLAM)をリードとする1200万ドルの資金調達ラウンドを実施した。

Ooodlesは2021年にLeonardo Poggialiによって設立され、高級ノートパソコン、スマートフォンなどのハードウェアを、月額制のPay-As-You-Goサブスクリプションモデルでリースしている。このモデルは、企業が必要な期間だけデバイスを使用できる柔軟性を提供する。

中古デバイスのマーケットプレイスであるBack Marketが資金を大量調達し、RayloがUKで電子機器のリースを提供している中、企業向けのデバイスリースサービスはまだ未開拓の分野である。しかし、Ooodlesの成長により、この市場における新たな機会が生まれることが期待される。

デバイスリースは、企業が最新のハードウェアを手に入れるための費用を抑え、持続可能なビジネスプラクティスを実現するための一つの方法である。また、デバイスリースは環境にもプラスの影響を与える。国連によると、年間約5,000万トンの電子廃棄物が生産されており、そのうち20%しか正式にリサイクルや再利用されていない。デバイスリースは、ハードウェアの使用寿命を延ばし、廃棄物の削減に貢献することができる。

Ooodlesの今回の資金調達により、同社はデバイスリースサービスをさらに拡大し、企業向けの柔軟なソリューションを提供することができるだろう。今後の成長に期待が高まる。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら