OzoneがAIを活用したクラウドベースの協力型ビデオエディタで710万ドルを調達

Image Credits: Ozone

OzoneがAIを活用したクラウドベースの協力型ビデオエディタで710万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.11.08

Ozone(オゾン)は、クラウド上で動作するAIを搭載した協力型ビデオエディタを提供する企業で、シードラウンドで710万ドルの資金調達を行い、オープンベータ版をリリースした。このY Combinator出身のスタートアップは、コンテンツクリエイターが繰り返しの編集作業を数秒で完了させるためのAI支援を提供することを目指している。OzoneはAIによる人間の創造性の代替を目指すのではなく、コンテンツクリエイターがより迅速かつ効率的に魅力的なビデオを作成するためのツールを提供することを目指している。

Ozoneは2021年にMax von Wolffによって設立され、社内で開発されたAIアシスタントを搭載したビデオエディタである。このソフトウェアは、ビデオ編集機能、無制限のクラウドストレージ、リアルタイムのFigmaのようなコラボレーションをサポートしている。AIの助けを借りて、無音の削除、キャプションとアニメーションの追加、色の補正、音楽の追加などの作業を行うことができる。

Ozoneの9人のチームは、エンジニア、デザイナー、プロダクトマネージャーからなり、Adobe、Frame.io、InVision、Disneyなどの企業から集まっている。
Ozoneを使用すると、ユーザーは映像をアップロードし、ボタンをクリックするだけで一連のAI機能を適用して、手動で行うのにかかる時間がかかる作業を迅速に完了させることができる。たとえば、話している映像をアップロードした場合、無音や「ええっと」「あの」などの言葉が入っている箇所を素早くカットすることができる。

Ozoneは、当初はTikTok、Instagram、YouTubeなどのアプリ向けの短編コンテンツを制作しているコンテンツマーケターやクリエイターを対象にしている。Ozoneは時間の経過とともにより高度な編集機能を追加していく予定であり、ドキュメンタリーや映画などの長尺コンテンツを制作するクリエイターを対象にする計画である。

Adobe Premiere ProやFinal Cut Proでサポートされているプロフェッショナルグレードの編集機能をOzoneも提供しているが、van Wolff氏は、このようなソフトウェアは使いにくく、コラボレーションができないと述べている。

Ozoneは一般公開後、フリーミアムのビジネスモデルを採用する予定です。個人向けのプロユーザーは月額29ドルでソフトウェアにアクセスできる一方、企業向けの価格設定はまだ決まっていない。

資金調達については、Y Combinator、NEA、General Catalyst、LGVP、Bluewatch Ventures、Polymath Capital Partners、Pioneer Fund、SOMA Capital、Olive Tree Capitalのほか、Dropbox、Tinder、Lightricksの創業者たちからの出資も含まれている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら