Pave Bank、「プログラム可能な」デジバンクとして520万ドルのシード資金を獲得して設立

Image Credits:Pave Bank

Pave Bank、「プログラム可能な」デジバンクとして520万ドルのシード資金を獲得して設立

uniqorns編集チーム 2023.12.14

Pave Bankは、シンガポールを拠点とする「グローバル」デジタルバンクで、ジョージアからのデジタルバンキングライセンスを取得し、本日ローンチを発表した。このローンチには、520万ドルのシードラウンドと、468 CapitalをリードとするQuona Capital、FT Partners、BR Capital、W3.fund、Daedalus、そしてエンジェル投資家が参加した。

新たな資本を使って、Pave Bankはジョージアを拠点としてグローバルな規制インフラを構築し続ける予定であり、同国がヨーロッパ、中東、アジアの間に位置する戦略的な位置を持つことを指摘している。

Pave Bankは、企業が従来の金融商品とデジタルアセット対応の金融商品にアクセスできるようにすることができる。これには、マルチカレンシーアカウント、マルチアセットの保管、仮想的な国際銀行口座番号などが含まれる。また、Pave Bankは「プログラマブル」なバンクでもあり、顧客は支払い、換金、資産管理など一部の銀行業務をカスタマイズして自動化することができる。

フルリザーブバンクとして、Pave Bankは顧客の預金を貸し出したり投資したりすることはないが、常に安全かつ利用可能な状態に保つ。

「企業がグローバルに思考し、運営している中で、プログラマブルマネーで構築できる解決策は、銀行業務、財務、クレジット商品を変革し、さまざまな新しい商品やサービスを提供する可能性を約束しています。」と、Pave Bankの共同設立者兼CEOであるSalim Dhanani氏は述べている。Pave Bankは、Simon Vans-Colina氏とDmitry Bocharov氏も共同設立者であり、彼らも銀行業界のエグゼクティブや起業家の経験を持っている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら