Payroll Integrationsが2,000万ドルを調達し、従業員の金融ウェルネスツールを開発

Image Credits: Payroll Integrations

Payroll Integrationsが2,000万ドルを調達し、従業員の金融ウェルネスツールを開発

uniqorns編集チーム 2023.11.02

Payroll Integrationsは、サンディエゴを拠点とするスタートアップであり、雇用主が従業員の財務福祉をサポートする方法を提供している。同社は、アメリカの最大の給与会社と統合し、給与と福利厚生の自動化を結ぶ直接的な双方向接続を提供している。

Payroll Integrationsのプロプライエタリ技術は、給与会社から従業員の統計と給与データを取り込み、関連するデータを構造化された形式に変換して雇用主が利用できるようにする。これにより、雇用主は給与を退職金や健康貯蓄口座などの福利厚生計画に接続できる。Payroll Integrationsは、従来の給与と統計の変更を毎給与期間ごとに追跡する手作業のプロセスなしにこれを実現する。

Payroll Integrationsは、ADP、Paychex、Empower、Transamericaなどの給与および401(k)プロバイダーと統合されており、年間100万人以上の従業員の福利厚生を処理している。同社は過去1年間に売上を3倍に増やし、ブートストラップ予算を展開しながらもその勢いを2024年と2025年にも継続することを期待している。

Payroll Integrationsは、成長エクイティファームのArthur Venturesを中心にした2,000万ドルのシリーズA資金調達を発表した。新たな資金は、製品開発と運用に投入される。さらに、Payroll Integrationsの従業員数を来年までに50%増やす予定である。

Payroll Integrationsは、さらなる円滑かつ自動化された体験を実現するためのソフトウェア開発キットの開発に取り組んでいる。また、雇用主が労働省や内国歳入庁と協力して福利厚生計画がコンプライアンスに適合していることを確認するための第三者管理者向けのプラットフォームを構築している。

Payroll Integrationsは、給与会社との関係を強化しながら、さらに福利厚生市場に進出し続ける予定である。


Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら