Phaverが700万ドル調達、Web3へのオンボーディングを容易にする

image credit:Phaver

Phaverが700万ドル調達、Web3へのオンボーディングを容易にする

uniqorns編集チーム 2023.10.05

Phaverは、Web3ソーシャルプラットフォームのオンボーディング体験を既存のソーシャルプラットフォームに似せるサービスの開発に700万ドルのシード資金を調達した。これにより、多くのWeb3プラットフォームにおける非クリプトネイティブユーザーのオンボーディングが困難な課題が解消されることが期待される。

Phaverの共同創設者兼CEOであるJoonatan Lintalaは、「ユーザーはその基盤技術には興味を持たない」と述べている。実際の採用を促進するためには、ユーザーエクスペリエンスは通常のソーシャルアプリのように感じる必要がある。

Phaverの技術は、分散型ソーシャルプロトコルに向けられており、人々が自分のソーシャルメディアプロファイルを作成し、所有し、収益化し、データの共有に完全な制御を持つことを目指している。ユーザーはまた、異なるソーシャルプラットフォーム間で自分のソーシャルプロファイルとコンテンツの所有権を保持することができる。

Phaverは、分散型ソーシャルネットワーキングエコシステムであるLens ProtocolやWeb3ソーシャルネットワークのCyberConnectとの統合を実施している。
このラウンドには、Polygon Ventures、Nomad Capital、Symbolic Capital、dao5、Foresight Ventures、Alphanonce、f.actor、Superhero Capitalの他、SwissBorgも参加し、コミュニティメンバーと資金配分を共有している。

2022年5月に「Web2.5」モバイルアプリとしてローンチされたPhaverは、現在までに総額800万ドル以上の資金を調達し、約8000万ドルの評価を受けている。資金はチームの拡大、製品開発、および追加のパートナーシップに使用される予定である。

Lintalaは、Web3ソーシャルアプリの市場はまだ若いと認識しているが、アプリのローンチ以来、安定した線形的な成長を観察していると述べている。現在、約25万人のユーザーが利用しているとのことである。

Phaverを利用する人の多くは、主にクリプトコンテンツに焦点を当てているが、Lintala氏によると、日常生活のスナップショットを共有する人々の数も増えているとのことだ。

同社は持続的な学習を通じて、この領域で解決すべき最も魅力的な問題に取り組む予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら