Planet A Foods、カカオ不使用チョコレートの世界展開に向け資本を増強

Image Credits:Planet A Foods

Planet A Foods、カカオ不使用チョコレートの世界展開に向け資本を増強

uniqorns編集チーム 2024.02.01

Planet A Foods(プラネットエー フーズ)は、サステナブルな代替品を作成するために設立されたB2Bの持続可能な原料会社である。Munichを拠点とするMax Marquart博士とSara Marquart博士の兄弟姉妹が創業した。当初はQOAという名前でしたが、気候変動やココア生産業界へのその他の環境的脅威により、「Planet Bは存在しない」という考えから名前を変更した。

プロパイエタリな発酵プロセスにより、Planet A Foodsは全天然の地元の原料(例:オート麦やヒマワリの種)をココアフリーチョコレート「ChoViva」に変える。この製品は、ミルク、セミスイート、ホワイトのバリエーションで、口の中で溶けるような食感と濃厚なチョコレートの風味を特徴としている。この製品はベーキングからアイスクリームまで幅広い用途に使用でき、砂糖を最大30%減らしている。

2024年末までに8桁の収益を達成することを目指しており、Planet A FoodsはChoVivaの国際展開を計画している。まずはイギリスから始め、その後は他のヨーロッパ市場、アジア、アメリカに展開する予定ですある。

同社はまた、2024年第1四半期にさらなる製品の発売を予定しており、発酵プラットフォームを他の植物ベースの原料にも拡大する予定である。

新しい資金を使用して、Planet A Foodsの50人のチームに追加の科学者を採用し、ココアバターやパーム油の代替品を産業レベルで生産するためのスケールを拡大する予定である。既に施設での生産を拡大し、ChoVivaの生産量を1時間あたり750キログラムにまで増やしている。

シリーズAラウンドはWorld Fundをリードし、Omnes Capital、Cherry Ventures、Mudcake、Nucleus Capital、Triple Point Capital、Feast Venturesなどの投資家グループが参加した。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら