Playground Global、アーリーステージのディープテック投資向けファンドIIIを4億1000万ドルでクローズ

Image Credits:Playground Global

Playground Global、アーリーステージのディープテック投資向けファンドIIIを4億1000万ドルでクローズ

uniqorns編集チーム 2023.12.14

Playground Globalは、早期段階のディープテックと科学企業への投資を行うために、第3ファンドに4億1,000万ドルの資金を調達した。この新しいファンドにより、Palo Altoに拠点を置くPlayground Globalの管理資産総額は12億ドルを超えた。

Playground Globalは、元々エンジニアとしてキャリアをスタートさせた共同創業者で一般パートナーであるPeter Barrett氏が、ディープテックの投資家になる前にエンジニアとしてのキャリアをスタートさせた経緯がある。彼は今でも毎日コーディングを行っており、Elon Musk氏に最初の仕事を提供したことで知られている。

Barrett氏は、同様にディープサイエンティフィックと運営のバックグラウンドを持つJory Bell氏、Matt Hershenson氏、Bruce Leak氏、Laurie Yoler氏と共に、テクノロジーの次世代を作り出す企業に魅力を感じている。これには、コンピューティング、自動化、インフラストラクチャ、物流、脱炭素化、およびエンジニアリングバイオロジーの産業が含まれる。

第3ファンドでは、2017年に調達した5億ドルの第2ファンドと同様に、初期投資が100万ドルから2,000万ドルの範囲であるシードとシリーズAの企業に資金を提供していく予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら