ProducePay、農産物のサプライチェーン廃棄に取り組むため3,800万ドルを調達

Image Credits:ProducePay

ProducePay、農産物のサプライチェーン廃棄に取り組むため3,800万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2024.02.05

Los Angelesに拠点を置くProducePayは、新鮮な農産物の生産者とバイヤーに、食品供給チェーンにおける透明性と柔軟性を提供することを目指している。ProducePayのプラットフォームは、新鮮な農産物の生産者とバイヤーをつなぎ、資金を提供する。

ProducePayは、生産者とバイヤーが契約のために競争するというプレッシャーに直面している。国際的な食品供給チェーンを調査した環境団体Feedbackの報告書によると、10人の農家のうち6人が契約を失わないように過剰生産を行っており、需要を超える供給が生じ、それによって食品の廃棄物が発生している。

ProducePayのソリューションは、食品の生産者とサプライヤー向けの供給チェーンモニタリングと資金調達商品の2つの要素から成り立っている。ProducePayは作業資金を提供し、運営費、テクノロジーのアップグレード、土地の取得などに利用される。さらに、ProducePayは収穫後に生産者とサプライヤーに流動性を提供し、生産者は次の生育サイクルに向けてより強いキャッシュポジションに達することができる。また、サプライヤーはより速く、より大きな支払いを提供することで、求められる生産者を引きつけることができる。

ProducePayのビジネスは、プラットフォームを通じたすべての取引から手数料を受け取ることで非常に収益性が高いことが証明されており、昨年の収益は2022年に比べて76%増加した。プラットフォーム上の取引量は3倍に増加し、取引量は2023年末までに20億ドルに達する予定である。

ProducePayは、Syngenta Group VenturesをリードとするシリーズDラウンドで3800万ドルを調達したことを発表した。Commonfund、Highgate Private Equity、G2 Venture Partners、Anterra Capital、Astanor Ventures、Endeavor8、Avenue Venture Opportunities、Avenue Sustainable Solutions、Red Bear Angelsなども参加している。総調達額は1億3600万ドルに達し、この資金は同社のヨーロッパ、アジア、アフリカ、オーストラリアへの拡大と、約300人のフルタイム従業員を増やすために使用される予定である。



Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら