Pyxis、海事産業の環境保護に340万ドルを獲得

Image Credits:Pyxis

Pyxis、海事産業の環境保護に340万ドルを獲得

uniqorns編集チーム 2024.02.05

シンガポールの海運業界は、世界中の600以上の港と結びついており、この国は世界で最も忙しい転送港を持っている。シンガポールは世界の貨物の80%を輸送している。

しかし、この業務量に伴い、世界の二酸化炭素排出量が増加しており、海運業界はまだ化石燃料に大きく依存している。この問題を解決するために、シンガポールのスタートアップ企業であるPyxisが取り組んでいる。Pyxisは海運の電動化に焦点を当てている。

同社は、Motion VenturesとShift4Goodが共同リードするシードラウンドで450万シンガポールドル(340万ドル)を調達した。資金調達には、Seeds Capital、MarImpact、ShipsFocus、Tian San Shipping、Kim Ann Investments、LCC Resourcesも参加している。

2022年にTommy Phunによって設立されたPyxisは、電動沿岸船舶の商業化と利用の先駆者を目指している。新しい資金は、電動化技術の開発を加速し、電動港湾船の生産を拡大するために使用される。

Pyxisは最近、三井物産と提携し、シンガポールと日本で電動船舶の製造と普及を推進した。また、シンガポール海上庁によってマリーナサウスピアでの船舶充電のパイロットに選ばれた。



Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら