QuantHealth、AIによる臨床試験に1,500万ドル調達

Image Credits:QuantHealth

QuantHealth、AIによる臨床試験に1,500万ドル調達

uniqorns編集チーム 2023.08.30

QuantHealthは、臨床試験のリスクとアウトカムを予測するモデルを提供することで、生命科学、医薬品、バイオテクノロジー企業が医薬品開発を効率化することを目的としている。
AIを活用したプラットフォームを展開する同社は、潜在的なリスクを低減し、臨床試験を最適化し、臨床試験の患者の反応を特定することを謳っている。同社は、シリーズA資金調達で1,500万ドルを調達したと発表し、累計調達資金は2,000万ドルに達した。

QuantHealthのプラットフォームの違いは、350万人以上の患者と70万以上のバイオ医学グラフと臨床試験をカバーするとされる、業界でも最大級の統合データセットの1つだ。同社によると、このモデルにより、臨床試験の結果をバイナリエンドポイント指標で86%の精度で予測できるとのことだ。

もともと設計された臨床試験の90%以上が、有効性と安全性の不足のため市場に出ることができないとInbarは説明している。
QuantHealthは、2020年に設立され、過去2年間商業的に活動しており、ファーマ、バイオテクノロジー、臨床研究機関と協力して、彼らのプログラムを支援している。

2023年6月、同社はDavid Dornstreichをチーフコマーシャルオフィサー、Arnon Horevをチーフストラテジー・アンド・オペレーションズオフィサーとして任命し、米国での展開を発表した。同社は、イスラエルと米国に25人の従業員がおり、来年までに40人に成長することを目指している。

シリーズA資金調達は、Bertelsmann InvestmentとPitango HealthTechが共同主導した。Shoni Top Ventures、Nina Capital、Nova Capitalなどの既存の支援者も最新のラウンドに参加した。
新しい資金調達により、同社は、主力の試験設計ソリューションを提供することで臨床開発チームを支援し、前臨床および薬剤発見機能のプラットフォームを拡大し、商業チームおよびオペレーションを拡大することができる。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら