RespeecherのAI音声クローニングの倫理重視アプローチがプレシリーズAラウンドで100万ドルを調達

Image Credits:Respeecher

RespeecherのAI音声クローニングの倫理重視アプローチがプレシリーズAラウンドで100万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.12.07

ウクライナの合成音声スタートアップRespeecherは、彼らの街に降り注ぐ爆弾だけでなく、時には物議を醸す競合他社の波にも関わらず、成功を収めている。新たな100万ドルの資金調達により、同社はメディアやゲームのクライアントにいくつかのスタジオを追加することができるでだろう。

Respeecherは、Star Warsのアニメシリーズでジェームズ・アール・ジョーンズ氏の象徴的なダース・ベイダーの声を再現するために選ばれたことで最もよく知られている。その後、The Mandalorianで若いルーク・スカイウォーカーの声を再現した。また、ゲーム開発会社CD Projekt(ウィッチャーやサイバーパンクで有名)とも協力し、フランスの歌手エディット・ピアフの声を再現するためにワーナーミュージックとの契約を結んだ。

テキスト読み上げエンジンとは異なり、Respeecherは声のモデルを使用して、声やキャラクターを再現しようとする俳優の話し方を変更する。それにより、生成されたものではなく、まるで義足のような声になる。また、アクセントの変更も行い、望ましくないアクセントを軽減したり、アクセントを付けるのに役立つ。

他人の声をクローン化する際に生じる倫理的な問題は明らかであり、特に意味のある同意が得られない亡くなった人物の場合はさらに複雑である。一部のスタートアップやサービスは、多くの面で負け戦と見なし、その方法を公表している(顧客層も限定される)。

Respeecherは、さまざまな分野で倫理をビジネスの柱としている。

最近では、Calmと協力して、昔のハリウッドスターであるジミー・スチュワートの声に基づく音声を使ったプロジェクトも行っている。

生存者については、同意と報酬は最初から取り決められる。声優は、これらの声のモデルを自身の制御と収益化の手段と見なし始めており、生計を脅かすものではなく(または追加で)なる可能性がある。Respeecherは、プロセスに参加することを選んだ俳優の声のライブラリを作成しており、会社はAdobeのContent Authenticity Initiativeにも参加している(それに値するかどうかは別として)。

AIのビッグイヤーにおいてクレイジーにスケーリングに焦点を当てることなく、Respeecherは資本やビジネスの機会を逃したかもしれない。しかし、この場合はゆっくりと着実に進む方が実際には役立つかもしれない。また、この最後の1年間には、キエフで多忙な日々が待っていた。

同社は、この混沌とした時期に新たな領域に進出することにも成功した。それは、自分自身で話す能力を失った人々のための合成音声である。他のスタートアップや既存の企業が参入しているこの領域は、利益率や派手さはないかもしれませんが、人々の生活を変えることができる。

Respeecherは、今日、エンタープレナーであるGary Vaynerchuk氏とファンドffVC Poland、Bad Ideas、ICU、SID Venture Partnersが出資した「プレシリーズA」ラウンドで100万ドルを調達したことを発表した。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら