ResyとEaterの共同創業者が、レストラン・ロイヤルティ・プラットフォームのBlackbirdに2,400万ドルを調達

Image Credits: Blackbird

ResyとEaterの共同創業者が、レストラン・ロイヤルティ・プラットフォームのBlackbirdに2,400万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.10.04

Blackbird(ブラックバード)は、レストランのロイヤリティプラットフォームとして知られるスタートアップで、共同創設者であるResyとEaterは、2,400万ドルを調達した。この資金調達により、Blackbirdはさらなる成長と拡大を目指す。

Blackbirdは、レストラン業界におけるロイヤリティプログラムの革新的な解決策を提供している。このプラットフォームは、顧客のロイヤルティを高め、リピーターを増やすためのツールを提供する。レストランオーナーやマネージャーは、Blackbirdを使用して、独自のロイヤリティプログラムを作成し、顧客に特典や報酬を提供することができる。

Blackbirdの特徴的な機能の1つは、簡単なセットアップと運用である。レストランオーナーやスタッフは、直感的なインターフェースを使用してプログラムを作成し、顧客情報を管理することができる。また、顧客は、独自のアカウントを作成してポイントをためることができ、レストランでの利用や特典の受け取りがスムーズに行える。

この資金調達により、Blackbirdはプラットフォームの機能強化や新たなマーケットへの進出を計画している。また、他のレストランテクノロジースタートアップとのパートナーシップや統合も検討しており、さらなる成長を目指している。
Blackbirdの共同創設者は、この資金調達によって、レストラン業界における顧客エンゲージメントの向上を促進し、より多くのレストランが成功することを目指している。今後の展開が注目されるスタートアップである。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら