Revel、スペインのカーサブスクリプションスタートアップ、1億2,300万ドルを調達し成長を加速

Image Credits:Revel

Revel、スペインのカーサブスクリプションスタートアップ、1億2,300万ドルを調達し成長を加速

uniqorns編集チーム 2023.09.15

Revelは、デジタルカーサブスクリプションサービスを提供するスペインのスタートアップで、ユーザーは柔軟なリース契約により最低1年間のコミットメントで自動車を利用できる。このサービスは、保険やメンテナンスも含まれている。Revelは、今回の資金調達で1億2,300万ドルを調達し、自動車ネットワークの拡大に注力する。投資家にはKKR、Santander Consumer Financeなどが参加している。

カーサブスクリプション市場は、経済状況が厳しくなっている中、ライドヘイリングアプリやマルチモーダルな代替手段から私用車利用の新しい提案まで、多様な選択肢が提供されているため、最近数年間で不安定な状況が続いている。しかし、Revelは、リース市場にテクノロジーを取り入れたモデルで成功することを目指している。

Revelは、2020年に設立され、自動車サブスクリプションの概念に基づいたさまざまなビジネスモデルをテストしてきた。このテストの結果、リースのアイデアが好評であり、1年間のリースがスペイン市場において最適な期間であることがわかった。Revelは、顧客が車を選択し交換できる機能も追加した。サブスクリプションは月額で支払われ、保険、メンテナンス、炭素オフセットなどのサービスが含まれている。
Revelはオンラインまたはアプリを通じて利用でき、注文からお届けまでの時間はストリーミングサービスの登録にかかる時間と同じくらいである。

Revelは自動車を購入せず、どこから供給されるかやその後のリース方法については明言していないが、リース業者との間に何らかのリース契約があると推測される。今回の資金調達により、Revelはビジネスモデルを確立し、事業を拡大する時期に入ったと考えている。

Revelは、自動車の所有コストが高すぎるため、今後自動車がより高度になり、完全自動運転車が普及すると、多くの人々にとって自動車を所有することは困難になる可能性がある。そのため、乗り合いサービスが一般的になる可能性がありますが、自動車を所有したい人々にとってはリースが主な解決策となるだろう。
Revelは、ビジネスモデルを確立したことで、今後の成長に賭けている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら