Salted、1,400万ドルを投じて地中海風レストランを新設し、QSRブランドにスパイスを加える

Image Credits: Salted

Salted、1,400万ドルを投じて地中海風レストランを新設し、QSRブランドにスパイスを加える

uniqorns編集チーム 2023.10.17

Saltedは、クイックサーブレストランブランドを展開する会社で、シリーズBの資金調達で1,400万ドルを確保した。CEOのJeff Appelbaumによれば、この資金は数年以内に「数千の店舗」を展開するという同社のビジョンを加速させるものである。

このロサンゼルスを拠点とする会社は、2014年の設立以来、moonbowls(韓国料理)、Cauliflower Pizza、lulubowls(ハワイアンスタイルの料理)など、6つのブランドを展開してきた。

Saltedのユニークな点は、知的財産を所有し、ブランドを自社で運営していることである。

Saltedのビジネスモデルは、過去3年間に出現した「ゴーストキッチン」やバーチャルレストランビジネスとは異なる。Appelbaum氏によれば、一部の企業はブランドを立ち上げて成功を収めているが、一方で他の企業は困難な道を歩んでいる。Virtual Dining Conceptsは、YouTubeスターのMrBeastによるMrBeast Burgerを巡る訴訟に巻き込まれた。一方、Uber Eatsは仮想レストランの数千のリスティングを削除し、複数のレストランブランドが同じメニューを提供することを停止することを決定した。

Saltedは現在、9つの州に25の店舗を展開している。

同社はビジネスモデルの拡大を図っている。初の買収を完了間近であり、最初は自社で立ち上げなかった地中海スタイルのブランドを取得する予定である。
Creadevが2021年のシリーズA投資をリードし、今回の新たなラウンドでも再びリードした。Proof VenturesとB. Riley Financialも参加している。Appelbaum氏は評価額について具体的な数値は明かしなかったが、今回のラウンドは前回よりも高くなっている。


Appelbaum氏は、新たな資金調達のドライバーは拡大であり、Saltedは不動産の契約から60日でオープンすることができる。彼はさらに人員を採用し、技術に投資し続けたいと述べている。また、他のブランドの買収の機会もある。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら