Simon Data、シリーズDで5,400万ドル調達

image credit:Simon Data

Simon Data、シリーズDで5,400万ドル調達

uniqorns編集チーム 2023.08.08

Simon Dataは、2015年に設立されたカスタマーデータプラットフォーム(CDP)である。同社は、カスタマーデータのリポジトリにとどまらず、そのデータを活用するアプリケーションを提供している。顧客は、必要に応じてカスタムアプリケーションを構築することもできる。

同社の共同創設者でCEOのジェイソン・デイビス氏は、CDPの運用に限定せず、データを取得した後にそのデータをどうするかに焦点を当てていると語っている。同社は、シリーズDで5400万ドルを調達することを発表した。投資家たちは、機械学習モデルやその他のアプリケーションを通じてアプリケーションを構築することが重要であると認識している。

同社のアプリケーションには、オーディエンス管理、メールマーケティング、および顧客識別が含まれている。同社のプラットフォームを使用している顧客には、JetBlue、SeatGeek、Venmoなどがいる。同社は、従業員数を今後1年間で約30%増やす計画であり、現在の社員数は約100人である。

同社は、多様性と包括性についても重視しており、女性、神経多様性のある人々などの内部グループを設立している。それぞれには、意識向上、包括性、教育的な取り組みに対する予算が割り当てられている。

今回のシリーズD調達には、Macquarie Capitalがリードし、Polaris、.406 Ventures、F-Primeなどの既存投資家が参加した。同社はこれまでに1億1500万ドル以上を調達している。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら