Singlife、アヴィバ社撤退後に住友生命から1億3300万ドルを獲得

Image Credits: Singlife

Singlife、アヴィバ社撤退後に住友生命から1億3300万ドルを獲得

uniqorns編集チーム 2023.11.08

シンガポールに拠点を置く金融サービス企業、Singlifeは、日本の住友生命保険から1億3,378万ドルの資金を調達した。この投資により、住友生命のシンライフへの持ち株比率は27%に増加した。

このニュースは、保険大手アビバが2020年末にシンライフと合併した後、シンライフの株式25.9%と2種類の債権を住友生命に売却したことから2か月後のものである。この取引の総額は10億3,000万ドルである。
アビバと住友生命は、2023年第4四半期に取引を完了する予定である。

調達の詳細
• 調達額: 1億3,378万ドル
• リードインベスター: 住友生命
• ステージ: 未指定ステージ

このラウンドの資金は、シンライフの製品および地理的範囲の拡大に使用される。さらに、シンライフは、顧客体験を向上させるために、テクノロジーインフラとデータ分析能力を強化する予定である。

2014年に設立されたシンライフは、シンガポールの国防省、内務省、および公務員団体保険制度のための保険を提供している。また、シンライフは、政府の国民長期ケア保険プログラムであるCareShield Lifeの管理も行っている。

シンライフとアビバシンガポールの合併は、その時点でシティステートで最大の保険取引となる32億シンガポールドル(23億6,000万ドル)で評価された。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら