Spill、200万ドルのシード権延長とケリー・ワシントンとシャンパンで1周年に乾杯

Image Credits: Spill

Spill、200万ドルのシード権延長とケリー・ワシントンとシャンパンで1周年に乾杯

uniqorns編集チーム 2023.11.08

先週の金曜日の深夜、アルフォンゾ・テレルはドン・ペリニヨンのグラスを持ち上げ、Twitterでの解雇から1年の記念を祝った。
もしもあの時がなかったら、彼は今、AfroTechのアフターパーティーでオースティンにいることはなかっただろう。そこでは、彼の名前と彼のソーシャルメディアアプリ、Spillを知る数千人の人々に囲まれている。

Spillは、現在のXとして知られるプラットフォームに対する競合他社として、黒人アメリカ人とLGBTQコミュニティにとってより安全な場所であると評価され、彼によれば約20万人のユーザーを集めているという。この1年間、ベータ版のままのこのアプリは、Collide Capitalをリードとする最近の200万ドルのエクステンションラウンドを含む、総額500万ドルの事前シードファンディングを調達した。

この1年間で、「新しいTwitter」となるべくアプリが数多く登場したが、幻滅したTwitterユーザーの避難所として主導的な存在になったアプリはない。Instagramの「Twitterキラー」とされるThreadsは、わずか5日で1億人以上がサインアップした。分散型プラットフォームのMastodonは、月間アクティブユーザーが180万人に達している。

そして、小規模な新興企業のBlueskyは、9月には100万人のユーザーを獲得した。まだベータ版であるにもかかわらず、Spillの20万人のユーザーコミュニティは比較的小さいかもしれないが、Spillの台頭は、高速成長だけでなく、品質も同様に重要であることを示している。伝統的なベンチャーモデルが常に機敏な製品開発を奨励しているわけではないかもしれないが、強力なコミュニティを築くことが高速成長と同じくらい価値があることを示している。

他の元Twitter従業員によって作られたアプリであるPebble(以前のT2)は、一年間で登録ユーザー数がわずか2万人に達した後、最近閉鎖された。そのCEOであるガボール・セルは以前にGoogleとTwitterに売却した経験があるが、Pebbleは単純に競争力が足りなかったと認めざるを得なかった。しかし、Pebbleが基本的にTwitterをクローンしようとしたのに対し、Spillのチームは非常に異なるものを構築している。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら