StreamAlive、ライブストリーム用エンゲージメントツール構築のため158万ドルを調達

Image Credits:StreamAlive

StreamAlive、ライブストリーム用エンゲージメントツール構築のため158万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2024.01.31

StreamAliveは、ライブストリーム、バーチャルミーティング、対面イベント向けのオーディエンスエンゲージメントアプリケーションで、同社は本日、160万ドルのプリシード資金を確保したと発表した。

ウェビナーやライブストリームされたタウンホール、バーチャルワークミーティングからTwitchストリーム、オンラインクラス、対面カンファレンスまで、オーディエンスエンゲージメントツールはさまざまな場面で有用である。これらのツールは、プレゼンターがエンゲージメントを追跡しコメントを管理するだけでなく、オーディエンスが参加し、自分の声を届けることを支援する。

StreamAliveは、チャット機能を介して人気のあるビデオ会議やライブストリームプラットフォームに統合される(コード、リンク、埋め込みは必要ありません)。対面イベントでは、ユーザーはQRコードをスキャンして、ブラウザベースのチャットに参加することができる。

StreamAliveは、人気のあるプラットフォームであるZoom、Google Meet、Teams、YouTube Live、LinkedIn Live、Twitchと連携する。同社は将来的にさらに多くのプラットフォームをサポートする予定である。

誰でも無料でアカウントを作成できるが、ユーザーはサブスクリプションを購入して、無制限のチャットパワードインタラクションやStreamAliveチームとのライブトレーニングセッション、ChatGPTを使用してオーディエンスとの対話方法をブレインストーミングするなど、より多くのAIベースのツールを利用できる。選択できる3つのプランがある: Basic(19ドル/月)、Pro(39ドル/月)、Pro+(99ドル/月)。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら